兵庫県神戸市東灘区田中町1-15-7 パールビル302

0120-949-198

【受付時間】平日 9:00~19:00

東灘・芦屋で離婚に強い弁護士|男女の弁護士が親身に対応します

離婚問題はデリケートな問題という性質上、当事務所ではご相談者様のお気持ちにより一層配慮するよう心がけております。
離婚したくても相手が応じないケース、不動産や株式など財産関係が複雑で離婚条件で折り合いがつかないケースなど、離婚問題は多種多様なため、弁護士の実務経験と対応力が求められる分野です。
当事務所では、離婚請求やそれに伴う財産分与、養育費、親権、面会交流の取り決め、さらには、不貞行為に対する慰謝料請求など、離婚に関連するご相談全般に対応しております。

離婚問題や財産分与、不倫慰謝料請求などは当事務所にお任せください

離婚に関するお悩みは、人によって違いますので、状況に合わせて適切に対処、対応していくことが早期解決への近道となります。
一人でお悩みを抱え込んでしまうと、解決できる問題でも余計にこじれてしまう恐れがあります。
弁護士に聞けばすぐに解決することでも、孤独に悩んでしまいがちです。
特に財産分与、慰謝料など、ご事情によって大きく変化する金銭関係については、専門家のアドバイスが効果的です。
一人で悩んで大きな損をする前に、お気軽に当事務所までご相談ください。

弁護士への相談をおすすめするケース

以下のような場合は、トラブルに発展する可能性が高いため、できるだけ早くから弁護士に相談しておくことをおすすめしております。

相手が離婚に応じない場合

離婚をしたいけれど、相手が離婚に応じないというケースは少なくありません。
相手が話し合いによって離婚に応じない場合については、最終的に裁判によって離婚判決を勝ち取る必要があります。
裁判によって離婚できるかどうかについては、離婚に至るまでの経緯や事情次第で決まるため、当事務所にご相談いただければ、離婚できる可能性についてある程度の見解をお伝えすることが可能です。
また、詳しくは面談の際ご説明しますが、離婚協議を有利に進めていくにあたって、様々なテクニックがございます。先ずはご事情をお聞かせください。

離婚条件の交渉を行う場合

相手が離婚に応じている場合でも、離婚する際の条件が折り合わないと問題は解決しません。
特に、財産分与、親権、慰謝料、養育費、面会交流といった重要な要素については、離婚する前にしっかりと話し合って取り決めをすることがとても重要です。
当事務所にご依頼いただければ、ご相談者様のご希望にできる限りそえるよう、相手方と弁護士が直接交渉いたします。

離婚に伴う財産分与を行う場合

当事務所は、財産分与で依頼者が不利にならないよう、全力を尽くします。
特に、一方が会社を経営していたり、不動産を複数所有しているご夫婦の場合など、財産関係が複雑多岐にわたる案件を得意としております。
このような事案は、弁護士のサポートはもちろん、株式や不動産の査定について、別途専門家の助力も必要です。
当事務所では、各種の専門家とも連携しながら、依頼者の利益の最大化を目指して日々研究を続けております。

不倫の慰謝料請求を行う場合

当事務所は、不倫や浮気などの「不貞行為」に対する慰謝料請求についてもサポートしております。
慰謝料については、本人はもちろんの事、不倫相手にも請求することができますが、やみくもに請求しても、問題は解決しません。
当事務所にご相談いただければ、ご本人様が離婚を希望されているのか否かについても丁寧にお伺いした上で戦略を立ててご提案し、弁護士が代理人となって相手方に毅然と請求いたします。

離婚問題を弁護士に相談すべき理由とは?

離婚問題については、相手が離婚に対して前向きではなかったり、条件面で折り合いがつかないことが多く、離婚協議が長引いてしまうことも珍しくありません。
そんな時に当事務所までご相談いただければ、次のようなメリットがあります。

離婚協議を前進させられる

当事者同士の話し合いによる離婚協議には、感情的な対立からやはり限界があります。
相手がすぐに応じてくれない場合については、当事務所にご相談の上、法的な手段も検討していくことで、離婚協議を前進させることができるのです。
当事務所では、ご相談者様のお悩みを詳しくお伺いした上で、弁護士が代理人となって直接相手と交渉する方法と、後方支援で継続サポートする方法のどちらが適しているのかを慎重に判断いたします。

希望している離婚条件で合意できる可能性が高まる

財産分与、慰謝料、親権、養育費、面会交流などの離婚条件については、自分だけで相手と交渉していると、相手に巧みに説得されてしまい、大きく妥協してしまうこともあります。
当事務所にご相談いただければ、単に離婚するだけでなく、離婚条件についても法的な見解を相手に示すことで、できる限りご相談者様のご要望にそうよう交渉することが可能です。

相手に本気度が伝わる

人によっては、真剣に離婚の話をしているのに、もまともに取り合ってもらえないこともあります。
そんな相手には、弁護士から内容証明郵便を送付したり、電話で直接交渉することで、本人の本気度が伝わり、相手が離婚について真剣に考えるきっかけになることもあるのです。

離婚問題において弁護士は何を行なってくれるのか?

離婚問題において、弁護士ができる主なサポートとしては以下の通りです。

離婚協議のサポート

相手が離婚に応じないケースについては、弁護士が直接相手方と任意で交渉し、それでも応じなければ、離婚調停、離婚裁判と離婚できるよう裁判書類の作成も含め、適切にサポートいたします。

財産分与の最大化を追求

不動産を複数所有していたり、会社を経営している場合、夫婦で分配すべき財産について正確に把握・評価することは容易ではありません。
全体像が分からないうちに、何らかの取り決めを安易にすることは禁物です。
当事務所の弁護士にご依頼いただければ、先ずは財産状況を調査いたします。
その後、分配されるべき金額や財産について、依頼者と相談しながら、出来るだけ有利な条件で解決できるよう、全力を尽くします。

親権の獲得

離婚する際にお子様がいらっしゃる場合は、親権の獲得を希望される方が多い傾向です。
女性については比較的親権を獲得しやすいのですが、男性が親権を獲得するためには、それなりのノウハウを駆使しなければなりません。
当事務所は親権を獲得するためのポイントを熟知していますので、どうしても親権は相手に譲れないという場合は、お早めにご相談ください。

養育費や面会交流

子供の養育費や面会交流についても、離婚する際に合わせて話し合わなければなりません。
当事務所にご相談いただければ、適正な養育費の相場や、面会交流の頻度、実施場所、子供の受け渡し方法など細かな点についても後でもめないよう、弁護士が相手と直接交渉いたします。

不倫や浮気に対する慰謝料請求

不貞行為をした相手及び不倫相手に対する慰謝料請求についても対応しています。
不貞行為に対する慰謝料請求については、相手が不貞関係をすんなり認めないことが多いため、請求するにあたっては、しっかりと準備して証拠を固めておくことがとても重要です。
当事務所にご依頼いただければ、慰謝料請求だけではなく、その後の離婚手続きまでしっかりと寄り添いサポートいたします。

離婚問題にお困りの方はお気軽にご相談ください

離婚問題については、デリケートな問題であるだけに、追い詰められるまで自分一人で頑張ってしまう方が多いように感じます。
離婚問題を早期に解決するとともに、自分の希望する条件で離婚するためには、早い段階で経験豊富な弁護士の力を頼っていただくことが重要です。
当事務所には、男性1名と女性1名の弁護士が在籍しておりますので、それぞれのお悩みについて、より親身になってアドバイスができます。
離婚問題の早期解決のためにも、ぜひお早めにご相談ください。

弁護士費用

相談料

法律相談 30分/5,000円

弁護士報酬

着手金
経済的利益が~300万円・・・①
①×8%
経済的利益が300~3000万円・・・②
②×5%+9万円
経済的利益が3000~3億円・・・③
③×3%+69万円
経済的利益が3億~・・・④
④×2%+369万円
報酬金
経済的利益が~300万円・・・①
①×16%
経済的利益が300~3000万円・・・②
②×10%+27万円
経済的利益が3000~3億円・・・③
③×6%+138万円
経済的利益が3億~・・・④
④×4%+738万円